マンション管理組合の法人税事情について

あなたのマンション管理組合に税務調査が入る前に。

「うちの管理組合は収入も少ないし、まだ法人税の申告はしなくていいんじゃないの!?」というマンション管理組合員がいるようですが、無申告は法人税法違反です。


しかも今、税務署はマンション管理組合に狙いを定めています。


昨年、都内の税務署職員はこう言っていました
最近では『携帯会社や駐車場管理会社からの情報(反面調査)をもとに、マンション管理組合に法人税の税務調査に入ります。』と。


事実、今年になって、多くのマンション管理組合から、「税務調査が来てしまったので過年度からの法人税税務申告をお願いします。」という依頼が多数寄せられています。


そう、時代は変わったのです。


「あなたの管理組合に収益事業があるかどうか」
「ある場合には法人税にかかる税務申告の必要性を管理組合で理解・共有しているか」
今ではどのマンション管理会社も、フロント・マネジャーをはじめ全社で確認作業に追われています。



● ビヨンド税理士法人が読売新聞の取材を受けました。
「マンション管理組合の収益事業に課税
(読売新聞 2014年9月30日 朝刊)」

マンション管理組合の収益事業に課税

(これまでは、、)

  • ● マンション管理組合には税金(法人税)が掛からないと思われていた。
  • ● 「法人税の税務申告が必要となる収益事業」を行っている場合でも、いくら税金が掛かるのか税理士でもよく分からなかった。
  • ● 税務署もマンション管理組合から積極的に税金(法人税)を取ろうと思っていなかった。

(ここ数年で、、)

(いよいよ真剣な対応が求められることに、、)

  • ● 収益事業を行っていれば、マンション管理組合でも法人税の税務申告と納税が必要となることが、一般に広く認識された。
  • ● 修繕積立金不足で悩むマンション管理組合が増え、その穴埋めとして収益事業を行う管理組合が急増している。
  • ● 税務署は、マンション管理組合の屋上の携帯基地局(アンテナ)、駐車場の外部貸しや広告に目を光らせ、税務調査(「お尋ね書」の送付等)を行っている。
  • ● 外観調査からマンション管理組合に「お尋ね書」が来ることも多い。
  • ● 大手マンション管理会社も管理組合の法人税務対策に全社で取組み出した。
  • ● 税務相談や申告代行は税理士にしかできないため、全国のマンション管理組合・管理会社にサポート実績のあるビヨンド税理士法人が活躍する。

収益事業の税務申告フローチャート

※最短で、即日発行致します。もちろん、無料です。

※1)反面調査とは、携帯キャリアや駐車場サブリース会社等の事業会社への税務調査時に、どのマンション管理組合に外部収益があるかを把握すること。

※2)外部収益が少なくなりがちな、収益事業開始初年度の損失(赤字)を翌期以降に繰り越すには、「青色申告届出書」を期限内に提出しなければなりません。

もしも法人税の税務調査で無申告が見つかれば・・・
国から重たいペナルティ(罰金)が課されます。

後悔する前に、今すぐご相談を

  • “無申告マンション・管理会社”と噂されないために
  • 突然の税務調査で多額の罰金を取られる前に
  • 管理会社や組合理事・監事が責任を問われる前に

今すぐご相談ください。

無申告のペナルティ(罰金)についてはこちら

マンション管理組合・管理士用 無料見積り・ご相談フォーム マンション管理会社用 無料見積り・ご相談フォーム

法人概要

ビヨンド税理士法人

〒160-0022
東京都新宿区新宿二丁目5-10
成信ビル2階
TEL:03-5357-1460

申告・アドバイス実績はこちら
サービス内容はこちら
協力パートナー募集中 マンション空き駐車場の有効活用はこちら マンション管理組合の会計監査はこちら 無申告では許されない!税務署はあなたのマンションも見ています。