収益事業の税務申告(確定申告)までの流れ

収益事業の税務申告(確定申告)までの流れ

1.収益事業開始届出書の提出 (電子申告の場合 )

※1)収益事業開始届出書の作成に必要な資料

  • 管理規約の写し
  • 収益事業に関する書類(収入明細、収益事業に係る契約書等)

※2)管轄税務署等へ提出する書類

  • 収益事業開始届出書
  • 異動届出書
  • 収益事業の概要について記載した書類
  • 管理規約の写し
  • 収益事業開始時の貸借対照表

新たに収益事業を開始した場合には、その開始した日以後2カ月以内に「収益事業開始届出書」等を納税地の所轄税務署長等に提出しなければなりません。
なお、過年度から収益事業があるにもかかわらず無届出・無申告があった場合には、出来るだけ早いうちに当該届出等を提出するようにしてください。

2.収益事業に係る決算書及び確定申告書の作成

※3)確定申告書の作成に必要な資料

  • 組合決算書(収支計算書、貸借対照表等)
  • 年間収支表
  • 通帳(入金履歴が確認できるもの)の写し
  • 収益事業に係る収入資料(収入明細、契約書、駐車場の利用者推移表等)
  • 収益事業に係る必要経費資料(関連する料金徴収資料等)

3.確定申告書の提出と納税

申告期限及び納税期限:事業年度終了の日の翌日から2カ月以内

申告期限の延長の特例:1カ月間の延長可

※納期限の延長はできません。
申告を延長する場合、予定納付または利子税(*年利1.9%)の納付が必要になります。

(*平成26年1月1日~12月31日の場合)

後悔する前に、今すぐご相談を

無申告マンション・管理会社”と噂されないために

突然の税務調査で多額の罰金を取られる前に

管理会社や組合理事・監事が責任を問われる前に

今すぐご相談ください。

無申告のペナルティ(罰金)についてはこちら


マンション管理組合役員・管理士様用 無料見積り・ご相談フォームへ
マンション管理会社用 無料見積り・ご相談フォームへ


法人概要

ビヨンド税理士法人

〒160-0022
東京都新宿区新宿二丁目5-10
成信ビル2階
TEL:03-5357-1460

申告・アドバイス実績はこちら
サービス内容はこちら
協力パートナー募集中 マンション空き駐車場の有効活用はこちら マンション管理組合の会計監査はこちら 無申告では許されない!税務署はあなたのマンションも見ています。